妄想と実相がこんがらがる機会ってありませんか

午前寝ぼけていると、野望とリアルがごっちゃになってことがこんがらがる時があります。
例えば起きたまま必死に物を探したり、夢の中で怪我をした箇所を触ってみたりなどです。
少し経ってから、あれ?今のって夢だったんだと見抜くのです。
これくらいならまだ良いのですが、時々美味しいものを召し上がる野望を見て目線が覚めたまま口がまだモグモグ動いてる時があります。
当然口の中には何も入っておらず、あれ?とやっと気付くのです。
自分は寝言とかはあまり言わないと世帯にも言われましたが、この寝ぼけて起きてからも野望を夢だったとすぐに認識できない日数があり、自分でもちょっと恥ずかしいだ。
今朝は何故か綿あめを採り入れる野望を見ていて、起きたまま布団を握りしめていました。
さすがに口には入れてませんが、ふわふわした感情が本当に綿あめのように感じて布団と認識するのに少し年月がかかりました。
同士たちと旅立ちなどに行ったまま、誰かの予行で寝ぼけて大笑い動きをしたらいかんせんと、ちょっぴり問題だったりします。