餃子の食べ歩きをするお姉さんがたがいらした

今日、店舗でのお願いではあるわけですが、ほー、と感覚をした先方のお願いだ。
おそらく、県内外からいらしたお姉さま側。良いカメラを以て、お洒落ですなぁ、と思っていると、スケッチブック片手に、何かをしだす・・・食べ歩行の成果を書き、餃子を提供するとそっちとともに写真。
そういったトラベルの成果も、長所の一つなのだろうな、と思いました。
出掛けたりするのもボクは歓迎だったりするので、そんなのも参考に、自分も何かの際には取り入れてみようかなぁ、と思ったりしています。
良い体験をお持ち帰りしていってほしいだ。
この後はどこへ行ったり始めるのだろう、など思いつつ、ほほえましいなぁ鞆思いました。
トラベルの醍醐味を、先方からも頂く、立場のお仕事は厳しいときもあるけれど、こうしたところもあると、頑張りたいなぁ、面白いなぁ、と感じたりもします。
次回、お出かけしたときにでも、自分も少しやってみようかなぁ、としている。